国際結婚について

国際結婚する相手のこと、子供のこと

国際結婚は日本人と日本以外の国の出身者と結婚することですので、日本人同士の結婚以上に沢山の想定できないことが発生します。
まず、当事者同士の出身国が違うので、どちらの国をメインに居住するのかということがあります。
定期的にお互いの国に住んだりできる楽しみもあります。
また、言葉の違いはもちろんのこと、国によって生活習慣や慣習は様々です。
長年慣れ親しんだ常識からは一旦一歩距離をおいて相手のことを考える必要もあります。
子供がいる場合はさらに考えるべきことが増えていきます。
日本人同士ならこのような話はまずあり得ないことですが、日本語をメインで教育するのか、それとも相手の国の言葉をメインにするのかということです。
バイリンガルといわれる人であっても、完璧に両方の言語の読み、書き、会話ができる人はそれほど多くありません。
必ずどちらかの言語や習慣に偏る傾向はあります。
子供の教育方針は国際結婚をしている人全てにおいて、どうしようかと悩むところです。
子供が無事に巣立ったら、次はリタイアメントの生活をどこで送るかという話になります。
双方の国を行き来できるメリットもありますので、老後も体が元気なうちは楽しめるかもしれません。

国際結婚-愛は海を越えて異文化との融合-

グローバル化は毎年加速度を増していますが、同時に国際結婚を成立するカップルも増加しています。
出会い方としてはどちらかが仕事や観光で訪れた国で知り合う場合が多いのですが、この場合気をつけておくべきことを幾つか紹介します。
まず、言語の問題。
観光で訪れた場所ならば、完璧に現地の言葉を身につけていない場合が多く、その場の雰囲気で盛り上がり、帰国する時は二度と会えないかも知れない…だからいっそのこと結婚しよう!というパターンもあります。
パートナーとは心が通じあっても、移住先の国ではどうでしょうか?衣食住に加えてパートナーの友人や家族との付き合いにおいて、コミュニケーションに苦労することはかなり苦しいです。
とはいえ、言語を取得する最も良い方法は、その国に滞在してしまうこと。
生活と命がかかってますから、どんなに根性がない人でも目くじら変えて勉強を始めてしまいます。
その点国際結婚は、自らの人間性を高める上で素晴らしいと言えます。
そして意外に盲点なところは、とにかく手続きが大変だということ。
婚姻の方法、つまり何を持って「結婚」が成立したといえるかは、国によって千差万別です。
宗教が絡んでいたり、地域独特の慣習が深く関係したりしますので、そういったことを受け入れられるのかがポイントです。
愛があれば大丈夫!というよりも、相手と相手の家族、そして相手の国や文化を受け入れる心構えと柔軟性が非常に大事です。

注目サイト

注文住宅のことならお任せください

ギフト ハム

2019/11/8 更新

『国際結婚』 最新ツイート

@3594Lo59

@siranui24_3594t 国際結婚すると聞いて…おめでとうございます🎉 お幸せに〜(o´・ω・`)σ)Д`) プニョプニョ https://t.co/zoDnhmHpIc

5秒前 - 2020年02月20日


@midnight_girlz

国際結婚している日本人妻が、外国人夫にDV受けるケースが多い。理由は日本人妻が結婚後、働きもせず、ずっと家にいるくせに旦那の財布まで握ろうとするかららしい。外国人同士の夫婦が共稼ぎなのは、自分が使う金は自分で稼ぐから。寄生した上に財布を握るなんて日本人の女ぐらい。

5秒前 - 2020年02月20日


@livingabroad_20

国際結婚を除き、夫婦別姓が認められていない日本。スイスでは夫婦別姓は問題ないが、結婚時に旧姓を選んだ女性友達は、子供と姓名が異なり後悔していました。もちろん子供の姓名も誕生の際選べますが、70%は父親姓を選ぶそうです。同じ家族なのに違う姓名に日本人の私は違和感を感じます。

12分前 - 2020年02月20日